六甲縦走(その2)

六甲最高峰(H27,9,18)
最高峰0

お早うございます。
さて本日は先日の続きで六甲山縦走の東半分です。

9/14の西半分の時は予想以上に時間がかかってしまいましたので、
今日9/18は出来るだけ早く自宅をスタートします。

再度公園

再度公園の太陽もまだ低い位置にあります。

縦走路

再度公園の少し先で六甲全山縦走路に合流します、前回はここから西の端塩屋
を目指しましたが、今回は東方向に進んで宝塚を目指します。

全山縦走の市民大会はスタートが須磨浦公園で、ゴールが宝塚になりますが中間点
が摩耶山頂の少し手前になりますので、先日(9/14)より今回の方が距離は長くなる
ので前回より約1時間早い6時30分に縦走を開始します。

今回の方が距離は長いのですが、西半分に比べるとアップダウンが少なく体力的には
今日の方が楽だとは思うのですが、前回はやや脱水症気味で後半バテテしまったので
その反省を生かして、初めの内から水分補給はしっかりやって行きました。


須磨浦公園からスタートした場合、摩耶山への天狗道の登りはかなりしんどいところ
ですが、今日はこの登りがスタート直後の為さほど疲労感も無く山上に到着です。

掬星台

ヒンヤリとした風が気持ちいいです、空気が霞んでいて遠望が利かないのが少し
残念なところですが、神戸の市街地から大阪湾の街並みを見下ろすのは爽快です。

掬星台2

摩耶山上から先もアップダウンはあるのですが、顕著なピークも無くあまり休憩も
せず写真も撮らず歩きます、かといって時間や歩行スピードなどは特に気にせず
いたってのんびりとした歩きです。

最高峰

平日ということもあって、お昼時ですが最高峰は静かです。

全縦大会の日は長丁場を歩きますので、すぐ下の一軒茶屋を最高峰代わりに
してピークを踏まないことが多いのですが、今日は時間にもゆとりがあるので
立ち寄ってみました。

この先道路をしばらく歩いてから東六甲縦走路に入ります、この分岐から宝塚
まで12kmとなっています。

本番の大会ではこの辺りから日が暮れてヘッドランプの明かりで歩くことになる
のでコースをよく確認しながら歩きます、といっても道標も多くあって夜道でも迷った
ことはありませんが。

縦走路2

所々記憶をよみがえらせる景色に出会いますが、昼と夜とでは印象が違います。
夜は阪神方面の夜景がきれいで、夜景を見ながらゴールを目指します。

塩尾寺

塩尾寺(えんぺいじと読みます)まで来ると後は舗装された道が続きます、結構急な
舗装路で膝にきた人たちは後ろ向きで歩いていたりするのを見かけます。

宝塚1

本日のゴール、宝塚に到着です。

宝塚2

時間は15時15分で縦走開始から8時間45分かかっています、自宅から
縦走路までの歩行を合わせると約10時間のお山歩になりました。

前回の西コースに比べると疲労感も少なくゴールできました、コースの前半で
いかに疲労を少なくして歩くかが、楽しく歩けるか疲労困憊してゴールを目指
すかの分かれ道になると思います。

もっとも本番では須磨アルプスあたりで渋滞が起き、休み休み歩くことになる
ので、自然とオーバーペースは防げるのですが。

今回の二分割縦走はコースの再確認ということもあって、時間をかけて歩きま
したが、本番ではもう少し早いペースで歩きたいと思っています。

自宅最寄り駅を始発で出て、須磨浦公園をスタートするのが6時15分頃になる
ので宝塚ゴールの目安を19時45分前後(所要時間13時間半)を目処に歩く
つもりです。

さて、どうなりますことやら?

本番まであと何回かは全縦コースを歩いておきたいなと思っています。


さて、本日(9/18)も温泉はお預けということにして、まっすぐ帰り家でゆっくり
晩酌を楽しむことにしました。

ビール

通常バージョンと限定版の麦とホップを飲み比べてみました。

どちらも メッチャ 美味し~い!

運動したあとシャワーを浴びて、さっぱりとしてから飲む一杯は最高です!

ビール2

アテは帰りに買ってきたホルモン焼きです、フライパンで焼いただけの飾り気も
無いものですが、これが又ビールが進むんです。


程よい疲労感とほろ酔いで、幸せな気分で一日が終わっていきます。

ささやかですが 楽しかった一日に

感謝! 感謝! です。


スポンサーサイト
カレンダー+最終更新日
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール
ようこそ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR