残暑の六甲山

H24,8,27(月)

六甲紅葉谷の流れ
紅葉谷2


泊り開けの勤務が終わりました、非番です。
天気は晴れ!で、お決まりの様に歩いて帰宅します。

神戸電鉄の岡場駅を9:50スタートします、前回(8/24)と同じ
時間の出発になりました。

有馬温泉までは前回と同じ、「太陽と緑の道」を歩きますが、先日
と何かが違う、体感温度が全く違って歩きやすく感じられます。気温
はそれ程変わらないと思うのですが、今日は何となく違う・・・。

何でかな? 「風」です、先日は日陰に入ってもほとんど風を感じ
無かったのですが、今日は木陰に入ると程よい風が吹いていて涼し
くて爽やかです。 それと湿度も低いのではと思います。

正確に温度や湿度を測っている訳ではないのですが、違いははっき
りと、体に感じてわかります。


前回は有馬温泉から魚屋道を登ったのですが、今日は紅葉谷を行き
ます。谷沿いのコースの方が涼しくていいかなということで。


紅葉谷

水辺に沿って歩いていると、やっぱり涼しさを感じます。 水の
流れる音も耳に心地よくとていいBGMです。

水の側は湿気も多いと思うのですが、先日歩いていて感じたじめ
じめとした不快感は無く、風が汗を引かせてくれます。

肘からあごからぽたぽたと汗が流れ落ちていた、3日前とえらい
違いです。

今日は虫も少ないですね、先日は蚊に何箇所も刺され、うっとお
しい虫が顔の周りを飛び回っていたのですが、温度と湿度が高い
と虫の動きが活性化するのでしょうか?


水場

紅葉谷の水場に到着です、丁度ペットボトルの水がな無くなりかけ
ていたので、補給しておきます。 とても冷たくておいしいです。
(アルプスの雪解け水には及びませんが)


水場2

ペットボトルの表面に水滴が付いていて、冷たさが伝わるのではない
でしょうか、 入れ物は「奥大山の天然水」ですが中身は・・・
正真正銘の「六甲のおいしい水」です。


紅葉谷3

ここからはあと少しの登りで山上の「旧極楽茶屋」に到着です。


ガーデンテラス


そしてガーデンテラスに12:45着で、さっそく昼食にしますが、
その前に、やっぱり冷た~いのを プシュ!とやります。


金麦

いつもの金麦500mlです、 別に私はサントリーの回し者では無い
のですが、味と値ごろ感でこちらをやっています。

実際、よく冷えていればどのビールを飲んでもおいしいのですが。

冷た~いのを飲んでいるとどこからか、「サイモンとガーファンクル」の
サウンドオブサイレンスが流れてきました、すぐ横にある食堂?からです
が、懐かしさでとてもよい気分になり、少し昔のことを思い出してしまい
ました。

大阪の展望

大阪の市街地の奥に、生駒あたりの山々でしょうか、結構近くに見え
ています。

お昼ご飯が終わったら、歩きなれた道を西へ西へと進みます。


登六庵

レトロな建物の横に良く目立つライスカレーの黄色い看板が、
この前を通るといつもカレーを食べたくなるのですが、まだ口に
したことはありません。

登六庵2

よく見るとカレー以外にも色々とメニューがあるようです。
たまにはこういうところでゆっくりするのもいいでしょうね、
又新しい六甲山の楽しみ方が発見できるかも、です。


酒屋

馴染みの酒屋さんの前を通ります・・通り過ぎました。
今日は冷たい飲み物や、アイスの誘惑に誘われません。 涼しくて
快適なので、休憩せずにそのまま歩き続けます。

決して暑くないわけではありませんが、程よい風で汗が引いていく
のです。(8/24 金曜の暑さがと全然違います)

同じ六甲山を同じ季節に歩いても、これだけ違う感覚を持てるところ
も面白いなと思います。


森に小道

六甲山自然の家の横から「森の小道」に入って穂高湖に向います。

穂高湖

今日はカヌー教室をやっていて、結構にぎわっています。
ここで休憩しようと思っていたのですが、池の奥に見える三角の山
(シェール槍といいます)の方へ行って休憩することにします。

シェール槍

途中、チョッとした岩場を登っていきますが、

シェール槍2

大したことはありません、すぐに登ってしまいます。

シェール槍3

シェール槍と書かれた小さな板切れが木に付けられています。
「穂高湖に」「シェール槍」・・・誰が名付けたのでしょうか、
穂高・槍とくれば、夏山を又懐かしく思い出してしまいます。

シェール槍から穂高湖

先ほどの穂高湖を山の上から見下ろします。
日差しは暑いのですが、風があるため心地よく感じます。

シェール槍4

岩の上で写真を撮りますが、逆光で真っ暗なシルエットになって
しまいました。

シェール槍5

反対方向でもう一枚撮りなおします。
狭い岩場ですが、誰もいなくて静かでいいです、ここからは摩耶山の
方の尾根が遮っていて、海の方は見えませんが、北方向に視界が広が
っています。

しばし休憩した後は、ここからシェール道を下ります。


丸木橋

このコースは歩きやすく、とても好きな所です。
小川に沿って何度か川を渡ります、木の密度も深すぎずいい感じ
です。特に新緑の頃が大好きで、次に紅葉の時期ですね。

杉林

杉林の中の道も駆け足でもしたくなる様なところです、今日は足元
はジョギングシューズですが、ゆっくり歩きます。

このコースで登ってくる人に途中出合いご挨拶をします。
少し立ち止まって話をしますが、その方の言葉、「今日は涼しく
ていいですね、3日前は暑さで倒れそうになりました」
とのこと、3日前というと前回私も歩いた8/24ですね、六甲山で
異常な暑さを感じていた人がほかにもいたんですね。
その方はかなりの年配で、とても年期の入ったザックを背負って
いました。今度又お会いすることがあれば、もう少しお話してみた
いと思いました。


徳川道の看板

徳川道の説明が書かれた案内看板を過ぎて、

植物園入り口

川を渡れば森林植物園の入り口で、少し登れば園内に入ります。

今日はストックを使わずに、二本の足だけで歩いてきましたが、
(それが普通ですかね)この距離だと特に疲労に差は無いようです。


今日も休憩を含めて7時間余りのお山歩でしたが、楽しかったです、
六甲山の地図を見ていると、まだまだ沢山のコース取りが出来るので
又適当に組み合わせて、色んなところを歩いてみたいと思います。


今日はお風呂上りにいつもとは違うビールを飲んでみました。

秋のビール

サントリーとアサヒの秋バージョンです、どちらも濃い味で
こくがあっておいしかったです。(というか、よ~く冷えていれば
たいていは、おいしいんですけどね)


非番で仕事帰りに山歩きをした昨日、休日でのんびり過ごした今日も
それぞれにとてもいい一日でした。

楽しく過ごせた二日間に感謝しましょう。

感謝! 感謝! です。








スポンサーサイト
カレンダー+最終更新日
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
ようこそ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR