六甲タイムトライアル

登山の運動生理学とトレーニング学(図書館からの借用)
IMG_9621_convert_20170310163152.jpg


こんにちは、久しぶりで記事をアップいたします。

前回の記事をアップしてからも何度か六甲山を歩いていたのですが、パソコンの
前に座るのが久しぶりになってしまいました。

図書館から色んな本を借りてきて、家にいるときは専ら読書タイムにしていたので
なかなか記事をアップする機会がありませんでした。

さて、冒頭の本も借りてきた本の内の一冊ですが、少し紹介しておきたいと思います。



続きを読む

スポンサーサイト

あじさいの季節(2)

七夕飾り・森林植物園(H28,7,3)
IMG_5341_convert_20160708163036.jpg


昨日の七夕も終わり、7月に入って早2週目にかかりました。

植物園の七夕飾りにお願い事を書いた短冊をくくりつけておきましたが、
さて願い事は叶うのでしょうか・・・ 何を書いたかは秘密です。

例年今の時期ですと夏山に向けて着々と準備を進めているところですが、
今年は5月の体調不良が尾を引き、何も計画は立っていません。

せめて少しでも体を動かしておこうと、植物園へぶらりとお散歩に出かけ
ました。

続きを読む

あじさいの季節

森林植物園のあじさい・コンペイトウ青(H28,6,11)
IMG_5164_convert_20160614150835.jpg


6月に入り、近畿地方も梅雨入りしました。
雨の多い季節になりますが、梅雨の晴れ間を有効に利用して、運動不足を
解消したいと思います。

6月11日(土) この日から1ヶ月間、神戸・森林植物園ではあじさいの季節
を迎え、イベントも開催されています。

で、イベント初日に森林植物園へ出かけてみました。



続きを読む

あじさいの季節

森林植物園のあじさい(H27,6,13)
アジサイ5

本日(6/13)は梅雨の中休みのようです、そして仕事もお休みということで少し
お散歩してきました。

森林植物園では本日から「森の中のあじさい散策」のイベントが始まりました。
今日から7/12までは無休で、開園時間も延長されていて朝は8時から開園
しています。

暑くなってきたら朝の内に散策する方がいいみたいですね、今は長谷池の睡蓮
も見ごろなので午前中がいいと思います、午後になると花は閉じてしまうそうな
ので・・・

植物園では四季それぞれにイベントが行われていますが、あじさいの時期が一番
多くの人が来ていると思います。

今日も観光バスで来ている団体さんも見かけられて、賑わいを見せていました。

アジサイ1

あじさいも色んな種類がある様で、え!これもあじさい?と思うような花もあります。

アジサイ2

淡いブルーやピンクの花など多種多様です、我が家の庭にもあじさいは咲いていま
すが下の写真で見られるようなまん丸いごく一般的な花です。

アジサイ3


アジサイ4

今日はいつもとは違う植物園の楽しみ方をしようと、植物園のスタッフが案内する
散策会に参加することにしました。

散策

一時間ほどの散策で色々と教えてくれますが、長年植物園に通っているのですが、
初参加です。

今日は参加人数も多く、4~5グループに分かれての案内となっていて、私のグルー
プは5名でスタッフの後に続きます。

アジサイ6

今が旬のあじさいを初めとして、他の珍しい植物の紹介もしてくれます、いつも
素通りしていたところに珍しい植物があって、その特徴などを聞いているとへ~
ほ~などと関心してしまいます、次回からの見る目が変わってきそうです。

アジサイ7

上の写真は前回も紹介した「シチダンカ」というあじさいの一種です。

一時間ほどの散策会でしたが、ためになりました、又別のあじさい以外の時期
にも参加してみたいなと思います。

散策会の後は空いているベンチを探して、冷たいのを プシュ! とやりながら
小一時間持参してきた本を読んで過ごします。

ビール

今日はコップを持参してきました、缶のまま飲むよりもおいしく感じます。

昼頃に切り上げ、帰ってから少し遅めの昼ご飯を食べた後は、家でゆっくり
します。

身近なところで季節を感じ、ゆっくりとした時間を楽しむことが出来ました。

今日の日に、 感謝! 感謝! です。


菊水ルンゼから菊水山

石井ダムからの風景(H26,7,12)
石井ダム2

H26,7,12(土)

本日はお休みですが、午後から少し用事があるので、午前中
だけの予定で軽く歩いて来ました。

自宅から鈴蘭台駅を経由して、石井ダムを目指します。

ダムの手前に大きな橋があります、菊水ルンゼへはこの橋を
渡る前の電柱のところから入りますが、先にダムの方へ行って
みます。

橋

橋を渡ったところで右側に妙号岩があります。

妙号岩

写真では分かりにくいですが、大きな岩の真ん中に
「南無阿弥陀仏」と彫られています。

妙号岩2

岩の下には説明書きの看板が設置されています。
150年前に彫られた物だったんですね。

自宅から一時間余り歩いたところで、石井ダムに着きます。

石井ダム

かなり水位は低いですね、梅雨に入ってからも雨はそう多くは
無かったし。

石井ダム3

水位が低い分ダムの上から下を覗くと、水面までの高さがあって
少し、ゾクゾクとしてきます。

若い時は高い所から下を見てもそう恐怖感は無かったのですが、
最近ではゾクゾクとして、吸い込まれそうで怖く感じます。

ダムで休憩した後は来た道を少し戻って菊水ルンゼへの道を
入っていきます。

ルンゼ1

ただの荒れた川原のように見えますが、ペンキマークの矢印で
ルートの入り口と分かります。

ルンゼ2

岩に取り付くと、雨上がりから時間があまり経っていないため
濡れていてよく滑ります、ここはいつも以上に慎重に行きます。

ルンぜ3

先ほどの妙号岩を、下の方に見る頃に岩場歩きも終わり、山道
に入ったところで「展望岩」と書かれた小さな標識が木にぶら下
がっているところに出ます。

展望岩1

このコースに初めて入ったときは、この小さな看板を見逃して
なかなか展望岩に行き着け無かったのを思い出します。

看板から左の斜面を登り、僅かで展望岩に到着します。

展望岩2

気分爽快ですね、暑い日ではあったのですが、吹く風が心地よく
感じられます。

展望岩3

大きな一枚岩なのですが、若干前傾していて恐る恐る端の方へ
行ってみます。

気持ちがいいので、30ほど休憩してしまいました。
缶ビールを持ってきたらよかったなと思いつつ、よく冷えた
スポーツドリンクで喉を潤します。

展望岩4

展望岩の先端から振り返ってみますが、背の低い松の木
や岩が点在していて、狭いですが居心地のいい場所です。

ゆっくりと休憩した後は、菊水の山頂へ登り鈴蘭台の駅へ
戻ります、後は住宅地の中の暑いアスファルト道を帰って
行きます。

短い時間でしたが、しばしのお山歩を楽しみました。


しかし! 帰宅してからしばらくして・・・

ルンゼを攀じ登ってた時は特に異常を感じなかったのですが、
やけに左肩に違和感を覚えるようになり、夜寝るころには痛
みに変わって、寝返りも打てないほどに痛みは激しくなって
きました。

翌、日曜日は仕事でしたが、痛みのせいで寝不足のまま朝を
迎えました。

着替えをするのも一苦労で、靴下を履くのも、靴紐を結ぶのも・・・
う~と、痛みをこらえながらということで、日常の生活にも大いに
支障ををきたすはめになってしまいました。

ネットで調べて見ると、50肩の症状と一致します。
今、このブログをパソコンで打っているときも左肩がズキズキと
痛みます。

今日(火曜日)は休みです、痛いのを我慢して出来るだけ肩を
動かすようにしています、このまま痛みが治まらなければ医者
に行くしかないなと、思っています。

50肩となると、治るのに数か月はかかるようです、それはチョット
困りますね。

今の状態だと重いザックは背負えないし、ましてや予定していた
剣岳なんて、「カニの立てばい・横ばい」を片腕が自由に動かな
い状態で行くなんて・・・・ 自殺行為ですね。


又ここへ来て、急に職場の移動が決まり、後任の着任を待って
移動することになり、今月の末か来月早々に新しい職場に行く
ことになりそうで・・・ ゆっくりと休んでもいられないなという感じ
です。

しばらく様子を見たいと思いますが、何か出足をくじかれた様で
これは山へ行くなってことかな、それとも予定を変更しろというこ
とかな、などと考えてしまいます。

何はともあれ、自由にならない片腕の回復が一番ですね、

今日も一日が過ぎようとしています、何となくあまり良いことが
無いここ数日ですが、まあこの程度(実はかなり痛い)で済ん
でいると思うことにして、ゆっくり休養したいと思います。

健康って大事やな、と改めて考えさせてくれたきっかけに
感謝しましょう、  感謝!  感謝! です。

カレンダー+最終更新日
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
ようこそ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
QRコード
QR